副業ランキングの活用方法

副業の種類は複数ありますが、お仕事や家事をしながらでも行える副業もあるのです。
当サイトの副業ランキングは移動中や自宅で簡単にできるものを掲載して紹介していますので、自分に合いそうな副業を探してみてください。


副業の税金対策

money_zeikin_dorobou_hage

もちろん、副業でも税金は取られます。
しかし、副業の年収(1月1日から12月31日まで)が20万円以下なら支払う必要はありません。

副業が居酒屋のバイトなどで働いているなら月々の給料から10%が所得税として源泉徴収されているはずです。
この源泉徴収された税金は、年明けに確定申告すれば還付金として戻ってきます。
面倒くさいなら確定申告をしなくても構いません。その場合、還付金がないだけです。
20万円以上であれは確定申告は義務になります。

株式投資など、利益が出た時に税金が引かれている場合なら金額がいくらであろうと何もしなくてOKです。税金が引かれてないなら自分で確定申告する必要があります。

副業がアフィリエイトなど、源泉徴収されない仕事であるなら、年収20万円以下なら何もしなくてOKです。
年収20万円以上なら確定申告をして所得税を納めなくてはなりません。
しかし年収20万円を超えた瞬間、税務署員がやってくるわけではありません。
収入を計算して税金を支払うのは基本的に自己申告です。自分の知らない間に税務署が管轄の住民の収入を把握して税金額を計算するわけではありません。税務署も忙しいのでそんな暇ありません。
10・5・3・1(トーゴーサンピン)という言葉をご存知でしょうか?
サラリーマンが決められた税金の10割を払っているなら、自営業は5割、農業は3割、政治家は1割しか税金を支払ってない、という意味です。
サラリーマンは給料から税金を天引きされるので、支払うべき税金は完全に取られますが、自営業などは、経費の算定が曖昧なこともありますが、基本的に収入は自己申告なので、完全に税金を取ることは難しくなっています。政治家など言わずもがな。
なお、年収が400万円を超えそうなら、株式会社化したほうが税金は安くなると言われています。
脱税はよくありませんが、会社化すると節税の方法は色々あります。特に経費として認められる範囲が広いのが大きいです。

副業の税金対策としてもう一つ重要なのは、副業していることを周囲に吹聴しないことです。儲かってないなら笑い話で済みますが、かなり儲かった場合、遊びが派手になったり、周囲に自慢するようになると妬まれて、税務署に「アイツは怪しい」と通報される場合があります。もちろん税金を完全に支払っているなら構わないのですが、痛くもない腹を探られるのも不愉快ですし、あるいはヤブヘビで困った事実が明るみになる可能性もあります。

また、「専業主婦の副業」と言う言葉をときどき目にします。主婦業が本業ということなのでしょうが、それに金銭的な報酬が発生していないなら基本的に無職者扱いで、副業と考えている仕事が本業になります。その場合、確定申告のラインは20万円ではありません。条件にもよりますが、基本38万円がそのラインになります。
またパート従業員などの給与所得なら103万円がラインになります。この他配偶者控除も受けられるとさらにラインは上がります。このあたりは副業の税金とは話が違ってくるのでくわしくは述べませんが、ネットで少し調べればわかります。

1日5分の時間でOK!いつでも空いた時間にスマホをタップするだけで毎月30万円の副収入
スマートフォンをタップするだけで稼げる副業です。 空いた時間を利用して、 スマホをタップするだけの作業で稼げる副業で、 時間のないサラリーマンや主婦に大人気です! http://hiraoka-kazuya.net/buzz-inlp3/
無料ダウンロード