副業ランキングの活用方法

副業の種類は複数ありますが、お仕事や家事をしながらでも行える副業もあるのです。
当サイトの副業ランキングは移動中や自宅で簡単にできるものを掲載して紹介していますので、自分に合いそうな副業を探してみてください。


サラリーマンの副業

2

最近では、景気が上向いているように感じられますが、まだまだ給料は増えないし、将来に安心感を持てる状況ではありませんね。退職後、1億円あるとゆとりをもって老後を過ごせるそうですが、一般のサラリーマンでは、1億円貯めることはとても難しいでしょう。

家や車が欲しいけど、お金が貯まるどころか出ていくばかりと嘆いている方が多いと思います。正社員の方ならまだしも、アルバイトや派遣社員の方は、貯金をすることは難しいのではないでしょうか。

だからこそ、

サラリーマンの副業が大変人気を集めています。

ある企業では、副業を「複業」として許可しているほどです。

簡単にお金を稼げることはないですが、副業学校を通して少しでもお金を稼いでいただければと思います。下記では、サラリーマンが副業するにあたって知っておきたいことをまとめました。

会社員の副業はまずは就業規則を確認

会社員の方は、まずは自分の会社の就業規則を確認しましょう。「会社の許可なく副業をしてはならない」などの副業を禁止する規則があるかもしれません。懲戒処分の対象となる場合がありますから注意しましょう。

サラリーマンの副業はばれる?ばれない?

就業規則を確認した結果、副業が禁止されていた場合は、副業を諦めるか以前紹介した副業がばれない方法を参考にしてください。うまくやれば、ほぼ副業がばれることはありません(※あくまで自己責任で)。

それと、副業にあたるものがなんであるかを考える必要もあると思います。たとえば、株や不動産を買って儲けたり、競馬や宝くじが当たったとしても副業とはいえないでしょう。ネット副業(アフィリエイトやオークション等)、趣味の発展としてやっていることなら問題ないといえるのではないでしょうか。

サラリーマン(正社員)のアルバイト副業

もし、就業規則で副業が禁止されていた場合は、アルバイトや派遣で働くのはやめておきましょう。あなたが働いたアルバイト先の給与支払い申告等によって、副業がばれてしまいます。日払いなどで、住所等を明かさずに手渡しで給与がもらえる(あまりないと思いますが)ものならばアルバイトしても大丈夫かもしれません。

サラリーマンの副業は20万まで?

よくサラリーマンの副業で、議論にあがるのが「20万円」というキーワードです。なんのことかというと、20万円以内ならば、サラリーマンは確定申告をしなくていいのです(ただし、20万円以内でも住民税の申告が必要な場合があります。詳しくは管轄の市町村で確認)。つまり、20万円以内の副業での稼ぎなら副業が禁止されている会社員でも、ほぼばれないということです。詳しくは副業での確定申告

正社員(会社員)の副業での確定申告

上記で記載したとおり、年間で、必要経費を差し引いて儲けが20万円以上となった場合は確定申告をする必要があります。税務署に行って、2月16日~3月15日の間に確定申告を行い納税をしましょう。儲けがあったのに、申告をしない場合は脱税となります。詳しくは、こちらから確定申告の方法を確認してください。

サラリーマンの税金の節税対策

最近、よくも悪くも注目されているのがサラリーマンの節税。副業をしていない方でも、医療費控除、寄付金控除、特定支出控除、住宅ローン控除などによって還付申告が可能です。それぞれの、細かい条件はここでは割愛します(詳しくは国税庁HP)が意外とサラリーマンの方でも、確定申告するとお金が戻ってくる場合があるのです。※還付申告は、その年の翌年1月1日から5年間提出可能(例:平成24年分の申告は、平成25年1月1日から平成29年12月31日まで)。

また、副業をした時の節税としては、サラリーマンでも個人事業主になって、経費が収入を上回った場合、赤字申告して税金の還付を受けることができます。ただし、偽装などを行うのは絶対やめましょう。下記は所得税の不正還付によって逮捕された事件です。

1日5分の時間でOK!いつでも空いた時間にスマホをタップするだけで毎月30万円の副収入
スマートフォンをタップするだけで稼げる副業です。 空いた時間を利用して、 スマホをタップするだけの作業で稼げる副業で、 時間のないサラリーマンや主婦に大人気です! http://hiraoka-kazuya.net/buzz-inlp3/
無料ダウンロード